別荘にログハウスを
いざ、別荘と建てるとなると、多くの場合、日常から脱出した非日常的な空間を作りたいと思うのではないでしょうか?日常を過ごす家、マンションにしても、一戸建てにしても、木材などの木の素材が少ない場合がほどんどです。

そこで別荘をログハウスするというのはどうでしょうか?ログハウスは、ほとんどが木でできているため、その外見や、室内に身を置くだけでも非日常を感じることができるでしょう。ここでは別荘としてのログハウスの魅力に迫りたいと思います。

ログハウスは、様々な種類があり、現代風のデザインのログハウスもあれば、昔と変わらない丸太をそのままはめ込んだようなログハウスなど、その種類は様々です。どちらも魅力的な事には変わりありませんので、興味のある方は是非どうぞ♪

ログハウス別荘の魅力
別荘として最適なログハウスは天然木だけで作られており、森の中に入ったのと同じような気分を楽しむことが出来ます。

天然の木には伐採された後でもフィトンチッドという癒し成分を出しており、このフィトンチッドが人間の自律神経を安定させる効果や、ストレスをやわらげてくれる、いわゆる森林浴効果があるといわれています。

また、その様な科学的な根拠がなくても、木の香りや木の温もりのあるログハウス別荘は、人間の様々な感覚を刺激し、ヒーリング効果を感じることができるでしょう。

 

さらに、別荘では庭仕事や、バーベキューを楽しんだり、薪を割って暖炉を使ってみたりと、アウトドアな雰囲気の元で暮らすことが多いでしょう。

そのようなときに家があまり綺麗すぎては気を遣ってしまって、心から楽しむことが出来ないかもしれません。そんなときラフに扱うことができるログハウスの別荘は魅力なのです。

 

普通の別荘と違いログハウス別荘の場合は、自然の中の遊びの基地のような感覚があるため、あまり気兼ねをする必要がありません。

木は古くなるに従って深いアメ色に変わっていき、ついた傷も味わいになり、愛着も深まるという不思議な力も持っています。使い込めば味がでる、それがログハウス別荘の一番の魅力なのかもしれません。
ログハウス別荘の断熱、保湿性
また、ログハウス別荘は断熱性が高いことでも知られています。これは、ログハウスがもともと北米や北欧などの寒い地域発祥ということからもうかがい知ることができます。

しかし、ログハウス別荘は断熱材なども使用せず単に丸太を使った簡単な構造をしているのに、なぜ断熱性が高いのか?その理由は木のもともと持っている断熱性にあったのです。

 

木材には、自身の細胞に含まれる空気で、外部からの熱を遮る効果があります。しかも、その断熱性はコンクリートの約12倍というのだから驚きです。

ログハウスの別荘では、ログ材の厚みも 10数センチ〜30センチ超までと半端ではないため、分厚い断熱層を形作っています。また、床や、天井と合わせ、全て無垢材に囲まれているため、一度暖めると熱を逃さないという特性を持っています。

 

また無垢材は調湿性にも優れています。木は伐採後も水分呼吸しています。そのため、部屋の湿度が高ければ水分を吸収してくれ、低ければその水分を放つため、室内の湿度が快適になるのです。

そのためログハウス別荘では、夏涼しく、冬暖かいという理想的な環境が実現されるというわけです。ログハウス別荘では洗濯物が良く乾くき、結露が出にくいといわれているのも、このような理由があったのです。

pickup

Last update:2015/9/14