• 別荘購入でローンを組む
  • 別荘やリゾートマンション、不動産を購入しようと考える時、ローンを利用することはあまりないでしょう。日本ではほとんどの場合、50代、60代の方が別荘購入者というケースです。



    さらには60代になると定年退職後に余生を過ごすために購入するというケースが多くなっており、別荘購入者の約80%が全額自己資金で購入しているというデータがあります。

    しかし、逆に見ると残りの15%は方は、ローンを組んで購入しているとも言えるのです。このローンを利用する層は30代、40代の方がほとんどで、この年代での別荘所有者も少しずつ増えてきているようです。

    キャッシュは使わずにローンで別荘を購入することが多いのは、このような若い人ということになります。

  • 固定金利のフラット35を使う
  • 別荘を購入する場合に使用するローンとしては、住宅ローンとしておなじみになりつつある「フラット35」がオススメです。

    この「フラット35」は住宅金融公庫と民間銀行との提携による商品です。民間が貸し出した住宅ローンを公庫が買い取って証券化する仕組みをとっており、最大35年の固定金利が特徴です。

    この長い固定金利により、「フラット35」はマイホーム購入だけにとどまらず、別荘などのセカンドハウスを購入するときにも便利な商品なのです。

  • 土地だけの購入には融資は受けられない
  • 住宅の建設を目的として購入した土地ならば融資が受けられますが、その際の土地購入費に対する融資は、建設費の融資と同時になります。そのため、土地だけでは融資を受けることが出来ず、建設とセットになっているというのが条件となっています。

  • フラット35の金利優遇制度
  • このように普通の居住融資と同じ金利で、別荘などのセカンドハウス購入にも使うことが出来る「フラット35」ですが、住宅金融公庫の調べでは、毎月4000〜5000件もの申し込みがある様です。

     

    その人気の理由として、「金利優遇制度」があるでしょう。これは、バリアフリーや耐震性、省エネなどの基準を満たした建物であれば、当初5年間は0.3%金利が優遇されるというものです。

    この金利優遇制度は毎年戸数に制限があり、その数字まで申し込みが入ると終了となってしまうため、早めの申し込みが必要です。利用する場合はこの制度を考えておくのも忘れないようにしましょう。

  • 金融機関は決まっている
  • 公庫と提携しておりフラット35が利用できる金融機関はたくさんありますが、中には別荘などのセカンドハウスでのローンを取り扱っていない機関もあります。

  • 金利はどの金融機関で違いがある
  • 金利は、共通ではなく公庫と提携している金融機関で違います。最も低い金利の機関は日本住宅ローンで2.86%ですが、最も高い金利になると3.66%の機関も存在し、金利の幅に大きな開きがあるので問い合わせをしてみましょう。

    また、融資手数料も金融機関ごとに違い、日本住宅ローンのようなモーゲージバンクと呼ばれている金融機関は、金利も安く設定してあるようですので、よく調べてから利用しましょう。


check

心斎橋のエクステサロン
http://hair-exte.net/shop/shinsai.html

最終更新日:2015/4/23